派遣薬剤師の年収・月収はどのくらい?

おそらく派遣薬剤師に興味をもってこのサイトを訪れてくれている多くの人が気になっているであろう内容の一つに派遣薬剤師の年収・月収があると思います

ここでは僕の年収・月収を例に挙げていきますね

地方で働く派遣薬剤師の月収

僕の場合は派遣薬剤師の一番の特色である地方派遣で働いていて、時給は約4000円です
もちろん地方だからといって全ての案件が4000円近くもらえるわけではありませんが、薬剤師がたくさんいる都心部と比べると高くなる傾向があるのは確かです
僕はこの時給でフルタイム(週40時間程度)勤務しているので、だいたい月収は70万弱くらいになります
手取りにするとおよそ55~60万円くらいになります

派遣薬剤師を経験したことがない方にとっては驚きの金額ではないでしょうか?

派遣薬剤師で働く場合の注意点

派遣薬剤師は時給制の為、どうしてもゴールデンウィークや年末年始に関しては出勤日数が減ってお給料が下がる傾向があります
ローンの返済など確定出費がある場合はそのことを考慮して予め貯蓄をしておく必要があります
正社員と違って不利な点ですがそれでも60万円以上はキープできているので補って余りあるのではないでしょうか?

地方派遣薬剤師の利点

地方の高時給派遣薬剤師のもう一つの特色として住居を手配していただける案件が多いです
逆に都心や人口が多い都市部の案件はそこまでして薬剤師を誘致しなくても薬剤師が集められるため住居手当が付かず時給も低い傾向があります

年収ベースにするといくらくらい?

GWや年末年始、海外旅行による休暇なども取っているため年収はおおよそ800万円くらいで落ち着きます
家賃・光熱費は派遣先の薬局に負担していただいており、給料には反映されないため実質は850~900万近い生活水準を送れているのではないでしょうか?

正直、薬局やドラッグストア勤務でこれだけの水準を稼げるようになる頃には、部長クラスだったり、すでに薬剤師職から退いて上位管理職になっており、その上でかなり成績を上げないと達成できないかと思います

純粋に薬剤師としての業務内容のみで正社員で働いてこの水準をもらうのは相当難しいでしょう

それに加えて派遣薬剤師はWワークなども禁止されていないので本人の意欲次第ではさらに年収アップすることも可能です

僕の場合は個人事業主としてWワークをしつつ株などの投資収入もあるため年収1000万を達成できています
派遣薬剤師として働くことも選択肢の一つとして十分魅力的ではありませんか?

都心部で働く派遣薬剤師

東京や大阪など都心部で派遣薬剤師として働く場合はおおよそ2500~3000円くらいの案件が多く、週40時間で働くと40~50万円くらいの月収になることがほとんどのようです
年収ベースでは500~600万円程度になります、あまり正社員で働くことと大差がないのではないでしょうか?ドラッグストアではなく薬局薬剤師として働く場合はむしろ好条件になることも多いと思います

また、派遣薬剤師は多くの正社員では禁止されている副業や兼業が可能なので、実際にはそれ以上に稼いでいる方もいますし、中には薬剤師業を副業としている方もいらっしゃいます

働き方の幅を広げやすくなるのも派遣薬剤師として働くメリットの一つですね

派遣薬剤師の時給は派遣会社によって変わる

派遣会社にはマージン率というものがあります、派遣薬剤師が働くことで派遣先から支払われる報酬の内何%を派遣会社が中抜きしているか、というものです
中抜きした報酬の全てが派遣会社の利益になるわけではなく、その報酬が人事や経理などの経営本部の方の報酬に繋がっていたり、派遣薬剤師の方の有給消化分などの福利厚生費に回っています
経理や人事部門などの人員は簡単に解雇したり調整できないので派遣薬剤師の人数が少ない会社ほどマージン率が高くなる傾向にあります
そのため同じ薬局の派遣求人でも会社によって時給が異なる場合などもあります

なるべく大規模な母体や派遣薬剤師数が多いところの方がマージン率を下げられるので高時給が出しやすくオススメです




調剤薬局最大手の日本調剤の子会社の薬剤師派遣会社で僕自身も所属していた派遣会社です
派遣案件だけでなく転職案件も多く、全国に求人案件があるのでどなたにも安心してオススメできます