5年目派遣薬剤師の近況報告

派遣薬剤師5年目になりました

ドラッグストア薬剤師から派遣薬剤師へ転職して早5年目に突入しました

自分が派遣薬剤師を始めた頃と比べると派遣薬剤師の存在が浸透してきていて、「なんで派遣薬剤師になったの?」と質問を受ける機会が減ったなぁ、と感じています

地方派遣から都市部派遣へ

ここ最近の働き方で一番変わった点としては派遣薬剤師として地方中心から都市部の派遣薬剤師として働き方がシフトしてきたことです

地方派遣の薬剤師と都市部の派遣薬剤師の一番の違いは

  • 住居の手配があるか
  • 時給などの給与水準

この2点でしょう、都市部では薬剤師が地方に比べれば足りているので時給が低く、わざわざ誘致しなくても薬剤師がいるので住居の手当や補助がありません

基本的に地方派遣にくらべて給与面での条件が悪くなる都市部の派遣薬剤師ですがそれでも給与水準は正社員薬剤師の管理薬剤師クラスかそれ以上だと思います

僕がわざわざ都市部で自分で住居を構えて派遣薬剤師で働くようになった理由は、プライベートの関係や、事業が軌道に乗り始めていて、人と面談・商談する機会が増えてきたことで都心部のほうが人と会いやすいというのが主な理由です

一時的に給与水準は下がりますが兼業のほうが軌道に乗り始めているのでそれほど影響はないと考えています

派遣薬剤師になって働き方のバリエーションが増えた

僕は派遣薬剤師になったことで薬剤師として働く以外の収入が作れました
なぜこのようなことができたかというと

  • 残業をすることがほぼないので仕事後の時間が予定が立てやすいこと
  • その上で管理薬剤師と同等レベルの年収を維持できること
  • ほぼすべての派遣会社が副業をOKにしているのでダブルワークがしやすいこと

この3点です

派遣薬剤師になったことでプライベートの時間にかなり余裕が生まれたのでお金のことやプログラミング、経営についてなど、幅広い分野で学習する時間が作れました

結果として「派遣薬剤師は収入が不安定じゃないの?」とよく言われていますが、僕は派遣薬剤師になったおかげで薬剤師としても働かなくても食べていけるくらいの収入が作れる時間を作れました
今ではあのまま正社員として働くよりも高水準で安定した生活基盤が作れるようになったのではないかと思います

派遣薬剤師として働くことに興味があるあなたへ

派遣薬剤師が浸透してきた今でも派遣薬剤師目線での情報発信をしている人が非常に少ないため、まだまだ派遣薬剤師に興味があっても働き方のイメージが沸かず踏み出す勇気が持てず、今のままでいる、という方が多いのではないかと思います

実際に僕と一緒に働いた正社員の方で派遣薬剤師という働き方いついて興味を持っていただき、派遣薬剤師になった方をこの4年間で10人以上います
ドラッグストア薬剤師から派遣薬剤師になったときには、僕の話を聞いて派遣薬剤師に転向した人が一気に5人程度いたので、ドラッグストアから「これ以上の引き抜きは止めてくれ」と言われてしまったくらいです

僕は社員教育や薬剤師としての勉強の機会を与えてくれた職場に感謝していますし、会社を悪く言ったり強く派遣薬剤師になることを勧めたことはありません
全て派遣薬剤師に興味がある薬剤師の方から話を聞いてみたいと言われて、ありのままに派遣薬剤師のいい面、悪い面を話した結果、みんな自分の意志で派遣薬剤師の道を選んだだけです

僕はこれからも派遣薬剤師の働き方についてリアルな情報が欲しい、という方のために情報発信をしていきます

僕のサイトで派遣薬剤師という働き方について知ってもらい、自分に合わないと思う方は合わないと思った理由をもとに別の働き方を再度考えてもらえばいいと思いますし
もっと色々な生き方・働き方を模索してみたい、という方にはぜひ一度派遣薬剤師を体験してみることをおすすめします

もし悩んでいる点や疑問に思っている点、聞いてみたいことなどがあれば僕に直接メッセージを頂ければ相談に乗りますのでお気軽に連絡をください


調剤薬局最大手の日本調剤の子会社の薬剤師派遣会社で僕自身も所属していた派遣会社です
派遣案件だけでなく転職案件も多く、全国に求人案件があるのでどなたにも安心してオススメできます